高額療養費制度のおかげで暮らしやすい社会に

大きな怪我や病気をしてしまうと、医療費が心配になりますよね。
手術によっては、数百万円もの費用がかかることも多いです。
保険が適用になる手術であれば、患者の負担は三割ですから、例えば五百万円の手術をしたとしても、百五十万円の負担で済みます。
また、きちんと手続きをして高額療養費制度を使えば、所得の低い人なら月五万円ほどにまで負担を圧縮できます。
ある程度の収入がある人でも、十万円ほどの負担になるので、実質日本では医療費はほとんどかからないと考えて問題はないでしょう。
昔は、手術費用が払えなくて困ってしまう人も多くいたのですが、高額療養費制度ができてからは、そうした人は減りました。
ただ、その一方で、国の医療費負担が大幅に増えてしまい、財政赤字の一因となっています。
これからはさらに高齢化が進み、医療費の増大は避けられないはずです。
いかにして医療コストを削減するかというのが、大きな課題として突きつけられています。